宮海海岸の漂着ごみ(2018年春)


説明

酒田市宮海海水浴場とその北側の砂浜の漂着状況です。毎年、定期的(冬明け)に漂着物を写真記録しています。
夏の海水浴シーズンとはうってかわって、かなりの漂着ごみが打ち寄せられています。生活の雑貨やおもちゃ、飲み物関連のごみ、釣り針のパッケージ等がたくさん散乱していました。
特に海水浴場の北側では、その場で捨てられたような真新しいお酒の缶などがありました。ペットボトルもその場で捨てられたと思われるものはラベルが新しく、本体も透明感があります(写真3枚目)。一方、漂着したと思われるものはラベルがはがれてなくなってしまっていたり、本体も傷がついてすりガラスのようになり、曇っているように見えます(写真4枚目)。

撮影した場所

Fullscreen-Logo
宮海海岸

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

宮海海岸 38.975191, 139.834328 この場所で撮影された素材を見る。



Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
Return to Top ▲Return to Top ▲