このごみマップは、平成25年度に赤川、平成26年度に最上川で行った漂着・散乱ごみ調査結果をまとめたものです。
県民の皆さまに身近な川のごみの様子を知っていただき、美しい山形の川と海を取り戻せることを願っています。

調査範囲

最上川では米沢市の松川から河口部まで約220km、赤川では支流の梵字川から河口まで約45kmを調査しました。

調査方法

「水辺の散乱(漂着)ゴミの指標評価手法」を参考に最上川では57地点、赤川では28地点でランクを判定しました。そのうち、回収が可能な地点(各19ヶ所)については品目別に個数を数え、ごみの構成割合を調べました。

mogami_akagawa_gomimap

最上川・赤川ごみマップをダウンロードできます。
○パソコンで見る場合は、A2版をご活用ください。

PDFファイル>>A2版:約2MB

○印刷する場合は、A3上下分割版をプリントし、貼り合わせてご覧ください。

PDFファイル>>A3分割版①:約1.5MB
PDFファイル>>A3分割版②:約1MB

ウェブ版ごみマップ

各地点ごとの写真、個数カウント調査の結果など、より詳細なごみマップをご覧いただけます。

  • ピックアップコンテンツ
    bananer_gomimap.png

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
Return to Top ▲Return to Top ▲